スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(5)宗教と音楽

日本で暮らす現代人は日常生活で「宗教」とあまり関係のない暮らしをすることが多いせいか、音楽が宗教と関係があるといっても「?」と思われる方が多いでしょう。
あるいは、音楽と宗教との関係というとすぐにバッハなどの「宗教音楽」を連想される人も多いかもしれません。
確かにこの連想自体が間違っているとは言えませんが、音楽と宗教の関係というのは「たったそれだけ」の関係でもないのです。
例えばこういう言い方をすればわかっていただけるでしょうか。
「宗教と関係のない音楽はあるかもしれないが、音楽のない宗教は存在しない」

キリスト教には、ご存知のようにプロテスタントでは讃美歌がありますし、カソリックでも聖歌というものがあります。古く中世時代にはグレゴリオ聖歌というものもありました。
そして、仏教にも声明やお経があり、私たちは、数々の仏事のたびにこの「お経」が演奏されるのを耳にします。
「…? お経が演奏される?」
ひょっとしたら、この「お経が演奏される」という言い方に違和感を感じる人も多いかもしれませんが、仏教の教義には「お経」はまさしく「音楽」と位置づけられていますし、お寺によっては「お経」は鐘や太鼓などの楽器と一緒に唱えられるところもあります。
それでは、イスラム教はどうかと言えば、そこにもまさにコーランという「祈り」の音楽が存在しています。
イスラム教の教典であるコーランが節をつけて信者同士のユニゾンで毎日、一定の時間に世界中で一斉に「歌われる」姿は、仏教での「お経」やキリスト教の「讃美歌」と、その意味において何ら変わりはありません。
しかも音楽は、こうしたメジャー宗教だけでなく、ありとあらゆる新興宗教にも存在しています。
ひところ日本中を騒がせた「あの新興宗教」も、プロ音楽家が参加して「音楽」をプロパガンダとして作り続けたことは記憶に新しいところです。

では、なぜそうなるかというと、音楽とはそもそも何かということと宗教とはそもそも何かということを考えれば自ずとその理由も明らかになってくるのです。

人間が元々暮らしていた原初の時代に人が一番畏れたものは「自然」だったはずです。人の力など自然の力の前にはひとたまりもありません。そんな自然の怖さと常に向き合っていくために、それを恐れ敬い静めるために人々は「祈り」、その祈りの中にさまざまな「音」を取り入れていったと考えられます。
それは「声」だったり、ものを叩く音だったり、ものをこする音だったり、吹く音だったりしたわけで、それらが現在の楽器の元になっていたことも容易に想像がつくでしょう。
問題は、その「音」を聞かせる相手です。
けっしてそれは私たち人間などではなかったはずです。
私たちの「祈り」の先にあるモノは人が敬い畏れる「異界の存在」、まさしくそれが「神」だったのではないでしょうか。
つまり、ここで理解しなければいけないことは、「祈り」は音楽そのものであり、宗教そのものだったということです。
人が祈るのは「神(=異界の存在)と対話」をしたいからです。
ですから、その「祈り」がより「神」に届くように声だけでなくさまざまな方法(=楽器)で「音楽」として行われるようになったのも自然な流れだったと思います。
祈りは異界とのコミュニケーションであり、それはすなわち音楽によるコミュニケーションに他なりません。

先ほどのバッハですが、バッハの職業はプロテスタント教会のオルガニストでした。
このオルガン(パイプオルガン)という楽器は、実は、人間の耳には聞こえない音まで出すことができます。
人間の耳が聞こえる可聴範囲をはるかに越える低い音や高い音を出すことのできる楽器です。
何のためにこんな楽器が存在しているのでしょうか?
人間が聞こえない音まで出す必要が一体どこにあるのでしょうか?

実は、この楽器のポイントは、ここにこそあります。
「神とのコミュニケーション」に必要だからです。
バッハの音楽は「人と対話する」ために作られた音楽ではなく、まさしく「神と対話する」ために作られた音楽だったのです。
この考えをさらに発展させると…。何が起こるのでしょうか?
ここが、最も面白いところです。
「音楽は、『異界の存在』だけではなく、人間の内部にある『異界』、つまり、人間の細胞にだって働きかけることができるのではないだろうか?」
そう考えると、「音楽」と「医療」のコミュニケーションも可能になってくるはず、と考える人も当然出てきます。
そうやって「細胞レベル」「分子レベル」での音楽と医療の関係を真剣に研究している科学者は世界中に大勢いるのです。
これこそが驚きではありませんか?

スポンサーサイト
プロフィール

みつとみ俊郎

Author:みつとみ俊郎
MUSIC-HOPEプロジェクトを主宰するみつとみ俊郎は、作曲家、フルーティスト、音楽評論家、指揮者として40年間日本、アメリカの第一線で活躍してきた音楽家。脳卒中に倒れた妻の介護をしながら音楽を医療、介護の現場で役立てるため、日々研究と実践に励んでいる。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
MUSIC-HOPEのフェイスブックページへリンクします
リンク
みつとみ俊郎公式サイトをリンクに追加する
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。