FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(1)これだけは知っておきたい音楽と心と身体のこと

今日初めてこのブログを開かれた方にこのブログの主旨を説明させていただきます。

『これだけは知っておきたい音楽と心と身体のこと』は、音楽と介護について行動していくために作られたMUSIC-HOPEプロジェクトを主宰している私、みつとみ俊郎がこのタイトル通り「音楽が私たちの心と身体」にどう関わっているのかをさまざまな具体的な事柄を通して説明していこうとするブログです。

 単純に、音楽と心と身体の関係というと「音楽療法」ということばを思い浮かべる人が多いと思います。しかし、私の主宰する「MUSIC-HOPEプロジェクト」は、音楽がどれだけ介護や医療のお役にたつかについて考え行動して行くプロジェクトであって、単に「音楽療法」という狭い分野のことを考えようとしているわけではありません。

ですので、私は、これからいろいろな例やさまざまなアプローチから「音楽と心と身体の健康」について考えていくヒントを皆さんにさしあげていかれればと思っております。
みつとみ俊郎という人間が何者かについては、私の名前を検索したりすればおわかりいただけると思いますし、このブログの中でも少しずつ説明させていただきます。
まずは、これからどんなことをお話させていただくかを下記に箇条書きにしてみました。もちろん、私がお話したいのはこれだけではありませんが、まずは最低限これだけのことは皆さんにお知らせしておきたいと思うことをツラツラと箇条書きにしてみましたのでご覧ください(実際の掲載は順不同)。

1)「人はリズムで生きている=リズムの魔法」
2)「記憶と音楽=この分かち難いモノ」
3)「生物の動きと音楽=動くから生きている、動くから音楽が生まれる」
4)「宗教と音楽=音楽のない宗教はこの世に存在しない」
5)「音楽は麻薬?=音楽とはハイになるクスリ」
6)「リハビリと音楽について知らなければならない10の原則」
7)「認知症と音楽=認知症は音楽で治る?」
8)「介護と音楽=非言語コミュニケーションの大事な大事なこれだけの役割」
9)「音楽療法=本当に音楽で病気が治るのか?」
10)「オリバーサックス=映画『レナード』を診察した脳科学者」
11)「映画でわかる音楽と身体=映画を観るとわかるこれだけの身体の不思議」
12)「音楽と病気=「あらゆる病気は音楽的な問題であり、あらゆる治療は音楽による解決である。byノヴァーリス1772〜1801」」
13)「ジル・ボルト・テーラー=脳卒中によって壊れかかった自分の脳をエネルギッシュに語る脳科学者」
14)「I am still here, come find me」〜ある認知症患者の悲痛な叫びを私たちはどう受け止めればよいのか?

以下、音楽がどれだけ人々の暮らしや医療、介護の現場に関わり役に立つことができるのかをさまざまな角度から掘り下げていきたいと思っています。
閲覧と同時に、ご質問なども遠慮なくお寄せください。

MUSIC-HOPE代表  みつとみ俊郎


スポンサーサイト

テーマ : 心と身体
ジャンル : 心と身体

コメント

非公開コメント

プロフィール

みつとみ俊郎

Author:みつとみ俊郎
MUSIC-HOPEプロジェクトを主宰するみつとみ俊郎は、作曲家、フルーティスト、音楽評論家、指揮者として40年間日本、アメリカの第一線で活躍してきた音楽家。脳卒中に倒れた妻の介護をしながら音楽を医療、介護の現場で役立てるため、日々研究と実践に励んでいる。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
MUSIC-HOPEのフェイスブックページへリンクします
リンク
みつとみ俊郎公式サイトをリンクに追加する
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。