FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(7)認知症に音楽が有効な理由(ワケ)


私が「音楽が認知症に有効だ」と思っている根拠は、人間の脳には<相互作用の同時性>という原理があるからです。
これを平たく言えば、「人は他人の行動やことばを真似ることができる」ということです。
前頭葉を損傷している患者さんとか脳腫瘍の患者さんなど脳に障害を持った人たちと自閉症、認知症の患者さんの症状には共通点があるとされています。
どちらも、動作の手順などをきちんと組み立てらずに服を着ることもできないような症状、会社に行くことも学校に行くこともできないような症状(つまり、道順という手順がわからなくなるというような症状)が往々にして起こるからです。
でも、このどちらの場合も、歌を歌いながら動作をする(あるいは、リズムに乗って手順を暗唱する)と全く問題なく動作の手順を行っていくことができることも同時に報告されています。つまり、子供が「パジャ〜マ、ジャマジャマ〜」と『パジャマの歌』を歌いながらパジャマを着るといつの間にか自分一人でパジャマを着ることができるのと同じような「法則」です。

これが、先ほどの<相互作用の同時性>ということばの具体的の意味でもあります。
つまり、人は相手の動きやリズムに同調してしまうという脳の働きをもともと持っている生物だということと関連しています。
パーキンソン病、自閉症、アルツハイマーなどの病気の人は他人の動きに同調できない、つまり<相互作用の同時性>が保てない病気だとも言われています。
人間というのは、生まれつき「他人の声にあわせて身体を動かす」能力を持っているとされるのですが、これらの病気の人はこの「能力」が欠如してしまうために「自発的な動き」ができなくなってしまうことがあるのです。
医学的には、「動きが閉じ込められている」という表現を使うこともあります。
だからこそ、この「自発的な動き」を起こさせるキッカケを「歌やリズム」などの音楽的要素が与えることができるというのが、一般に言われている「音楽療法」の有効性の根拠の一つです。

さらにもう一つ、心理学者ドナルド・ヘッブの唱えた説に「ヘッブの法則」というのがあります。
これは「記憶は複数のニューロンがグループとなって一斉に活性化することで作られる」という考え方で、シナプスの連続発火説とも言われています。

これは、忘れたことを思い出すのに人は「何かのキッカケ=刺激」があれば「記憶」を引き出せるということからも裏付けられるのですが、この刺激(キッカケ)に最もうってつけなのが「音楽(=リズム)」であるということも広く言われています。
簡単な例で言えば、「かけ算の九九」や「年号の記憶」「円周率」などのように音楽的なリズムで覚えると「記憶」を簡単に引き出すことができるという原理です。

認知症患者も、パーキンソン病の患者もドーパミンの不足によって「認知機能」や身体を動かすキッカケが思うように働かなくなっているのですが、音楽は、「ドーパミン」のようにニューロンとニューロンの間のシナプス間隙を飛び交う神経伝達物質と同じ働きをしてくれるものなのではと私は思っています。
認知症患者の「徘徊」にしてもパーキンソン病患者のさまざまな症状にしても、根本的な問題は「自発的に自分の動きをコントロールできない」ことです。
ある意味、自発的な動きが「閉じ込められている」わけで、この「閉じ込め」を解く力が最も強いのが「音楽」だとされていますが、最も理想的なのは「音楽と運動」が組合わさった「ダンス」だと、オリバー・サックス博士は唱えています。

彼は、著書の中で、自分が診察した患者がダンスを踊ることによってパーキンソン病の「閉じ込め」から解き放たれたというような例をたくさん挙げて「ダンス」や「音楽」の有効性を説いています。
だとすると、例えば認知症患者の徘徊にラップ風に「自宅の電話番号や名前、住所などの個人情報を歌う」ようなクセをつけておけば(患者ご本人と家族がこの歌をふだんから家庭で練習しておくのです)、まったくの他人がその患者さんの「アイデンティティ」を外部の人間が把握する助けになるのではとも思ったりします。
なにしろ、「徘徊する老人」は、自分が誰でどこから来たのかどこに帰れば良いのか患者さんの「ID」がわからないことが一番の問題なのです。
こういう形で「個人情報」を他人が引き出すことは「機密漏洩」でも何でもなく、むしろ認知症患者さん本人やご家族にとっても有益なことなのではと思います。こうすれば、認知症患者(特に徘徊する老人)さんが最も安心する「決めゼリフ」の「さあ、おうちに帰りましょう」ということばをあらゆる人が使うことができると思うのですがいかがでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

コメント

非公開コメント

プロフィール

みつとみ俊郎

Author:みつとみ俊郎
MUSIC-HOPEプロジェクトを主宰するみつとみ俊郎は、作曲家、フルーティスト、音楽評論家、指揮者として40年間日本、アメリカの第一線で活躍してきた音楽家。脳卒中に倒れた妻の介護をしながら音楽を医療、介護の現場で役立てるため、日々研究と実践に励んでいる。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
MUSIC-HOPEのフェイスブックページへリンクします
リンク
みつとみ俊郎公式サイトをリンクに追加する
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。